住宅における家具の役割

バナー

住宅における家具の役割

家具は住宅で生活する上でかかせないものです。机も本棚もない殺風景な家で暮らしているという方は少ないでしょう。

もしいたとしても、ワンルームで貧乏で狭くて置けないといったような特別事情がない限り、無機質な人格の人であると疑われてしまうかもしれません。

それほど、住宅における家具の役割というのは大きいです。家具は人の心情を表します。家具のセンスというのは、その人のセンスであり、他人が見た場合はそれを基準に住民を判断するでしょう。
ベッドを使うのか、本棚は多いのか、机は高級であるか、椅子やソファーはすわり心地を気にしているのか安物でいいと思っているのか、それともファミリー感を出してみんなで座れるようにするのを重視しているのか。

それぞれに、生活の目的が家具へ現れています。いわば住宅の補助剤です。住宅を作る上で、機能をカスタマイズできる装備品として存在しているのです。


そう考えると、機能とインテリアという二つの効果を持つのも、住宅の機能という一言にまとめられます。
履物を脱いで床に座る暮らしをしてきた日本では、そうした使われ方をすることは、あまりありませんでした。
しかし、平安時代あたりから日本人も住宅の補助機能について考え始め、現在に至るまで改良し、西洋の文化を取り入れながら進化していったのです。

例えば、日本人の古き良き時代を表すちゃぶ台。
家族全員が囲む丸いちゃぶ台は、畳座の生活を送る日本ならではの、暖かみを醸し出しています。

http://www.jp-interior.or.jp/
https://www.youtube.com/watch?v=UYS9r3ZSyfU
https://www.youtube.com/watch?v=UYS9r3ZSyfU











Copyright (C) 2014 住宅における家具の役割 All Rights Reserved.