フロアコーティングの施工について

フローリングはワックスを使って磨く事で光沢が出て綺麗になります。

木材が原料となるので、フローリングは木目が魅力です。

東京のフロアコーティングに関する情報をご覧ください。

この魅了を維持するために行うのがワックスによるメンテナンスなのですが、市販のワックスは半年から1年程度で駄目になってしまいます。
部屋の中を片付けて、家具の移動、古いワックスの剥離とワックスがけを行い、ワックスが乾いたら家具を戻すと言った作業が半年もしくは1年に1度必要になります。

フロアコーティングはこうした手間を省く事が出来ると言ったメリットが有り、新築の住宅でフロアコーティングの施工を考える人も多いのです。また、フロアコーティングは長期間綺麗な状態を維持できるため1度施工を行えば耐久性が低下するまでの間はメンテナンスが要らないと言ったメリットも在ります。

尚、フロアコーティングは再施工する場合、ワックスと同じく古い塗料を剥離しないと綺麗に仕上がりません。

中には剥離が難しい材料が在ると言われていますので、施工を考える場合は次の施工についても考えておく事が大切です。



アクリル系やウレタン系など材料の種類により耐久性や剥離の容易さ、値段が違います。
また、値段は施工を行う業者によっても違いますので、施工を考える場合は1社だけで決めてしまうのでは無く、幾つかの業者に見積もりの依頼をして比較する事が大切です。

掲示板について調べるなら、こちらをご覧ください。

更にフロアコーティングのメリットだけではなく、剥離が難しい材料もあるなどのデメリットについてきちんと説明してくれる業者を選ぶ事が大切です。